CAT9V9A9039_TP_V

米国株の運用を始めて一年が経とうとしています。


毎日倹約生活を送り、コツコツと投資を進めた結果、米国株の運用額は400万円を突破しました。


今回は積立投資の大切さと、できるだけ楽に米国株投資をする方法をお伝えしたいと思います。

定時ねこはこうやって米国株に投資しています

配当金をもらえるのはすごく嬉しいのですが、個別株への投資は手間と時間がかかります。



その手間をできるだけ少なくするにはどうしたらよいかと考えた結果、下記の方法に落ち着きました。



  • 住信SBIネット銀行の自動積立を使って毎日12500円ずつドル転(夫婦で25000円)

  • ドルが一定額貯まったら個別株投資(月に1,2回)




SBIのドル自動積立は超便利


このブログでもたびたびご紹介している住信SBIネット銀行のドル自動積立ですが、本当に便利です。



これがなかったら米国株の個別投資はできなかったと思うくらい。



自動積立の良いところは、人間の感情とは全く関係なく、機械的に毎日決まった額を積立してくれる点なんですよね。



これを手動でやろうと思ったら、安いときにたくさん買おうとして、ドル円の為替チャートとにらめっこをすることになります。



ドルが安くなるのを待っていつまで経ってもドル転できないのも嫌ですし、ドル転した瞬間に円高ドル安になるのを見るのも嫌ですよね。



要は手動でドル転しようとすると精神もすり減るし時間も消費してしまうんですよ。



自動積立だったら毎日一定額を機械的にドル転してくれますので、ドル高のときはあまり買わないし、ドル安のといはたくさん買える(ドルコスト均等法)ことになります。



住信SBIネット銀行でドルを積み立てて、一定額貯まったらSBI証券の口座に移して個別株の購入に充てています。




個別株の購入は焦らず少しずつ、慎重に


個別株の購入ですが、暴落で買い時だと思っても一度に買わず少しずつ買うようにしています。



自分では底値だと思っても、下がるときはどんどん下がり続けますからね...。



そこで定時ねこは1200ドルずつ買うことが多いです。


100株からの日本株と違い、少額から購入できるのも米国株の良いところですね。




毎日飲み歩いて1万円使うくらいだったらドル転して米国株を買おう


定時ねこは毎日12500円、1ヶ月で25万円をドル転しています(夫婦で月50万円)。



夫氏の口座は今年の途中から運用を開始しましたが、現時点で米国株の運用額は400万円を突破し、ドルベースの現金が150万円分ほどあります。



共働きではありますが、決して年収が高いわけではなく(年収1000万円プレーヤーとかではないです)、収入から生活費を引いたほとんどを投資に注ぎ込んだ結果です。



夫婦で毎日12500円ずつドル転しているわけですが、12500円は使おうと思えば一瞬でなくなってしまう金額だと思います。



男性だったらランチ外食・コンビニ・夜の飲み会でそれくらい使ってしまうでしょうし、女性も洋服や化粧品など買っているとあっという間にお金は飛んでしまいます。



同じ1万円でも、使い道をきちんと考えて投資に回すと、のちのち配当金というご褒美を半永久的に得ることができます。



最近は1万円あったらドル転したいな、と思うほどで、いわゆるご褒美やプレゼントに魅力を感じなくなりました(笑)。



もちろん贅沢を全否定するつもりはなく、非日常的な経験は人生を豊かにしてくれます。



お金は使えばあっという間になくなってしまうものですので、どう使ったら自分が幸せになれるか考えて使っていきたいですね。



それでは、きょうも定時で帰りましょう。

にほんブログ村 株ブログへ

ランキングに参加しています。
応援いただけると嬉しいです(*・ω・)ノ

Twitterでブログ更新のお知らせをしています。
よかったらフォローをお願いします★
定時ねこ(@teiji_cat)