TOMS526505_TP_V

私の投資デビューは前職のストックオプションで購入した前職の自社株でしたが、自分の意思でちゃんと投資をしようと思って始めたのがつみたてNISAでした。



2018年から上限の毎年40万円まで使い切るようにしています。



最初の頃は手探り状態でしたが、最近は投資先も落ちついています。



つみたてNISAを始めた頃は本当に無知だったため、経済雑誌でおすすめされていた「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 」と「ニッセイ日経平均インデックスファンド」をバカ正直に購入するという始末でした。



その後、当時人気だったひふみ投信を経て、現在は下記の銘柄に全力投入です。



夫口座:三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

妻口座:楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド




2年間の運用実績報告/評価益は+10%


2年間の運用実績はこちらです。



夫口座(S&P500)
スクリーンショット 2019-12-20 23.40.48


妻口座(VTI)

スクリーンショット 2019-12-20 23.40.02


利確して初めて利益となるので、現時点の評価益がいくら高くても実際の利益ではないのですが、夫婦で160万円運用して利益が16万というのはなかなか良い実績なのではないかと思います。


日経平均は信用できない

ちなみに私(妻)の口座では先日2銘柄(「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 」「ニッセイ日経平均インデックスファンド」)について利確を行いました。






個人的に日経平均はいつ暴落が起きてもおかしくないと思っているので、2020年には日経平均が3万円を突破するなんてアナリストが分析しているのは横目に、さっさと利確してしまいました。



来年はオリンピックもあるのでもしかしたら一時的に3万円突破するかもしれませんが、そうならないリスクのほうが心配ですし、そこまで気を揉みたくないので手放した次第です。



ひふみ投信について

ひふみ投信については、当時熟考せずに購入してしまったのが反省点ですね。



今はもう購入していませんが、売らずに寝かせています。



少し前まで評価損がすごいことになっていたのですが、最近株価がようやく復活してきましたね。



評価損が出ている銘柄を保有するのはない心理的には結構つらいのですが、知らんぷりをして放置しておくと復活することもあることが身にしみてわかりました。



まだ少しマイナスが出ているので、多少プラスが出たら売却してしまおうと思います。



今後も保持していれば売却益が狙えるのにもったいないというご意見もあるかと思いますが、やはり自分が信頼を寄せられる銘柄でないと安心して保有できないんですよね。



ひふみ投信については少し利益が出たら売却し、その資金は自分が信頼できる米国株や米国ETFの購入に充てていきたいと思います。




それでは、きょうも定時で帰りましょう。

にほんブログ村 株ブログへ

ランキングに参加しています。
応援いただけると嬉しいです(*・ω・)ノ

Twitterでブログ更新のお知らせをしています。
よかったらフォローをお願いします★
定時ねこ(@teiji_cat)