af0221eeb3d3af90d97b6fb08a7de1be_l

今週で仕事納めという方も多いのではないでしょうか。



みなさん1年間おつかれさまでした。



今年は米国株に本格参入し、わずかながら毎月5000円ほどの配当金を得ることができるようになり、セミリタイアへの一歩が踏み出せた年でした。



ということで、今日はこの1年に購入した米国株を時系列でご紹介したいと思います。



今回は2019年1月〜6月までに購入した銘柄のまとめです。



後半(7月〜12月)は明日の記事で紹介します。



1月


  • 購入なし


1月は購入はありませんでした。



実は私の米国株デビューは2018年12月で、BTIを1170ドル、AT&Tを1180ドル購入していました。




2月


  • AT&T 1220ドル


AT&Tの買い増しを行いました。



AT&Tは暴落のタイミングで拾えたので、+30%近くの含み益が出ています。



今振り返るともっと買えれば良かったなと思いますが、当時はそうは思えないのが投資の難しいところですね。




3月


  • HSBC 1150ドル

  • WBK 1220ドル


不景気に弱いとされる銀行株ですが、高配当が魅力でポートフォリオに追加しました。




4月


  • IBM 1240ドル

  • MO 1190ドル


IBMは堅実な世界的IT企業、MOはタバコ銘柄で高配当が魅力で購入です。




5月


  • MMM 1360ドル

  • AAPL 1440ドル


MMMはそこまで配当利回りが高いわけではありませんが、安定的に配当金を出してくれるため購入しました。



AAPLは2019年はひたすら株価が伸び続けましたね。



正直私が購入した2019年5月でも決して安いとは思わなかったのですが、GAFAの中で唯一配当金を出してくれていることが購入の決め手となりました。



万が一、株価が下がっても配当金があれば安心して保有し続けられますが、これが無配株だったら精神的に参ってしまいます(笑)



AAPLは購入後株価は上昇し、現在+35%の含み益が出ています。




6月


  • MO 1230ドル

  • KO 1230ドル


MOは買い増し、KOは下落したタイミングで新規購入しました。




2019年上半期まとめ

2019年1月〜6月の米国株への合計投資額は11280ドル(約120万円)でした。


今振り返ると上半期は割安の銘柄も多く、もっと買っておけば良かったなとも思いますが、欲張りすぎると失敗も増えますので、調子に乗らずコツコツと続けていきたいと思います。


明日は下半期(2019年7月〜12月)の購入銘柄について紹介させていただきます。



本日もお読みいただきありがとうございました。

それでは、きょうも定時で帰りましょう。

にほんブログ村 株ブログへ

ランキングに参加しています。
応援いただけると嬉しいです(*・ω・)ノ

Twitterでブログ更新のお知らせをしています。
よかったらフォローをお願いします★
定時ねこ(@teiji_cat)