TOMS526507_TP_V

投資のほとんどを米国株に投資していますが、そろそろポートフォリオの分散を検討しようと考えています。



米国個別株、楽天VTI、つみたてNISA、iDecoなど、コツコツ積立投資をした結果、ドル資産は950万円ほどになりました。



  • 米国個別株:450万円

  • 楽天VTI:80万円

  • つみたてNISA(VTI、S&P500):150万円

  • iDeCo(VTI):50万円

  • ドル:220万円




米国個別株以外は、毎月自動積立なのであまり投資をしている実感がないのですが、手間隙かけずに資産形成ができる積立投資は偉大だなと感じますね。




銀行に眠らせた現金を安全に投資したい

銀行に眠ったままの日本円が2000万円ほどあるのですが、生活防衛資金としては500万円もあれば十分だと思うのですね。



現状夫婦の手取りが60万円に対し、毎月の投資は70万円です。



投資のために毎月10万円の貯金を切り崩しているように見えますが、年2回ボーナスが入るので実際は貯金には手をつけずに投資していることになります。



このままの投資ペースだと銀行預金は眠ったままで機会損失です。



米国株式やETFにはすでに700万円以上投資をしていますので、株式とETFの投資ペースは緩めずに、安全な投資方法として米国債券を追加しようと考えています。




米国債券の投資先はBNDとAGGが有力候補


米国債券の投資先として色々と調べていくうちに、BND(バンガード・米国トータル債券市場ETF)とAGG(iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF)が有力候補になりました。


配当利回りは株式に比べると見劣りしますが、銀行に眠らせておくよりずっとマシです。



  • BND:2.59%

  • AGG:2.69%




買い方ですが、いくら安全性の高い資産とはいえ、買い時を間違えると高値で掴むことになってしまいます。



スクリーンショット 2020-01-05 11.44.40

スクリーンショット 2020-01-05 11.44.54


過去のチャートを見ても、値動きが安定しているとはいえ、当然安い時、高い時があります。



ここはやはり安定のドルコスト均等法を使って、毎月10〜20万円を買い付けていくのが得策といえそうです。



ちなみに、自国の日本国債ですが、中長期的に見れば日本円の価値は下がっていくと考えています(人口減少が続く日本で経済成長は見込めないため)。



日本円ベースの資産はある程度の日本円(現金)のみで良いと考え、日本国債は投資対象外としました。    




本日もお読みいただきありがとうございました。

それでは、来週も定時で帰りましょう。

にほんブログ村 株ブログへ

ランキングに参加しています。
応援いただけると嬉しいです(*・ω・)ノ

Twitterでブログ更新のお知らせをしています。
よかったらフォローをお願いします★
定時ねこ(@teiji_cat)