TOMS526512_TP_V

サラリーマンのみなさんは本日から仕事始めという方が多いのではないでしょうか。


かくいう私も本日からサラリーマン生活が再開され、早くも会社行きたくない病に陥っております(笑)。


理不尽なことが多く辛いサラリーマン生活ですが、そんな時こそ高配当株への投資をしようというお話です。




仕事は頑張っても報われる保証はないが、配当金は株主全員に平等に還元される


残念ながらサラリーマンは結局会社のコマでしかないので、いくら頑張って仕事をしたとしても、それが正当に評価されて対価(昇給やボーナス)を得られるかは未知数です。


いくら自分一人がいい成績を納めたとしても、会社の全体の業績や評価する人(上司や経営層)のさじ加減で自分の評価は簡単に左右されてしまいます。


つくづく不公平だと思いますが、会社員でいる以上仕方がないことですよね。


一方株主に支払われる配当金は、株主が誰であろうと保有数量に応じて平等に還元されます。


つまり頑張った分だけ(倹約して株を購入した分だけ)努力が報われるのが高配当株への投資です。


私も昨年2019年は米国の個別株投資だけで約5万円分の配当金を得ることができました。


2018年の昇給額の平均が5,934円でしたので、年間で7.1万円の昇給に約3割税金がかかると想定すると、年間の手取りの昇給額は5万円ほどです。


どちらも同じ5万円ですが、配当金は自分が働いても働いていなくても勝手にもらえるものですので、理不尽で不確実性の高い昇給とは意味合いが違います。


早くサラリーマンを辞めたいという人ほど、倹約して資金を作り、高配当株などへの投資をすることをオススメします。

働きたくなかったらお金をためて高配当株を買い続けるのみ

早くサラリーマンを卒業したかったら、正社員として働いて、日々の支出を下げて、たまったお金で高配当株を買い続けることです。



ある程度の配当金がもらえるまでは地道な作業となりますが、コツコツと着実に続けていくしかありません。


昨年もらった配当金は5万円でしたが、10年後にはある程度生活を支えてくれる収入源に成長してくれるのではないかと思います。



本日もお読みいただきありがとうございました。

それでは、きょうも定時で帰りましょう。

にほんブログ村 株ブログへ

ランキングに参加しています。
応援いただけると嬉しいです(*・ω・)ノ

Twitterでブログ更新のお知らせをしています。
よかったらフォローをお願いします★
定時ねこ(@teiji_cat)