cbb92797dc80aeb070a4aa47c3277de7_m

配当金収入によるアーリーリタイアを実現するためには支出の最適化が欠かせません。



以前は家計簿アプリをつける程度でしたが、具体的なセミリタイアシミュレーションを立てた際に支出予算を決めました。



わが家(夫婦二人)は過去の支出データに基づき、年間支出は150万円(月12.5万円)以下を目標にしています。※家賃は社宅で給与天引きのため含んでいません。



2020年1月の支出は家賃を除き10万円弱で着地しました。支出の半分は食費ですが、食事は健康に直結するため過度な贅沢はしませんがケチることもしません。



今回はわが家の支出を最適化する方法をお伝えします。




支出を最適化するための15選

個人差はあると思いますが、上位3つは日本国民共通でおすすめですので、即実践していただければと思います。


  1. スマホは格安SIM

  2. キャッシュレスキャンペーンは積極的に利用

  3. ふるさと納税を活用

  4. 会社の飲み会は最低限

  5. 自炊が基本

  6. 外食はランチのみ

  7. タクシーは使わない

  8. 通勤定期券は元が取れる路線のみ購入

  9. 公共施設をフル活用

  10. 筋トレ、ランニング、自転車などお金のかからないスポーツを楽しむ

  11. 服はGU・ユニクロ・ワークマンを愛用

  12. 日用品はネット通販を駆使

  13. 固定回線は引かずにWiMaxを利用

  14. 新電力(楽天でんき)を利用

  15. 社宅を利用






①スマホは格安SIM

2019年の調査(NTTドコモ モバイル社会研究所)によると、日本国内のスマホユーザーの80%は3大キャリア契約で、格安SIMの利用率は20%未満だそうです。

私も昔はキャリアで月6000円以上かかっていましたが、現在はBIGLOBEで月1700円程度まで下がりました。格安SIMに変えるだけで年間5万円以上の節約になります。




②キャッシュレスキャンペーンは積極的に利用

たとえばPayPayのキャンペーンで決済するだけで40%還元されたり、サービスを利用する人とそうでない人の差はどんどん開いていきます。

2020年もしばらくお得なキャンペーンは続きそうですので、PayPayなにそれ美味しいの?そんな人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。




③ふるさと納税を活用

ふるさと納税はざっくり言うと「2000円の負担で数万円分の特産品がもらえる」最高な制度なのですが、利用率は20%程度だそうです。


利用していない人の理由は「利用方法がよくわからない」「めんどくさい」が大半です。私も以前はその一人でした。


実はふるさと納税の利用方法はとても簡単です。


  1. ふるさと納税ポータルサイトで希望返礼品の申込と決済をする

  2. ワンストップ特例申請書を寄付自治体に送る


申請書は希望すればほとんどの自治体が記入した状態で送ってくれるため、捺印と2箇所チェックボックスに印をつけて本人確認書類を添えて返送すればOKです。

申請方法についてはわかりやすく説明しているサイトがいくつもあります。忙しくて手が回らないという人は、家族に頼んでみるのもアリだと思います。




④会社の飲み会は最低限


会社の飲み会は必要最低限しか行きません。意味のある飲み会には参加しますが、会社のグチや上司の武勇伝を聞かされる典型的な飲み会には二度と行かないと決めています。




⑤自炊が基本


私が料理好きなので、毎食自炊のごはんを食べています。「三食自炊なんて無理」と思われるかもしれませんが、毎食フルで作るわけではありません。前日の夕食の残りを朝ごはんにしたりお弁当に詰めたりする、そんな程度です。

ちなみに夫氏は独身時代はコンビニ生活で月7万円は使っていたそうです。現在は二人で月4万円弱ですのでいかに自炊がコスパが良いかわかりますね。


⑥外食はランチのみ


外食はランチに限定し、家では作れないもの(炭火焼肉など)を食べると決めています。昼の方が値段を気にしなくて済みますしお通しやアルコールもなく圧倒的に安いです。


⑦タクシーは使わない

当然ですがタクシーは使いません。タクシーってだいたい急いでいるときに乗ると思いますが、計画的に行動していればそんなに必要じゃないと思うんですよ。

わが家がタクシーを利用するのは旅行などで荷物が多い時やタクシーアプリのクーポンでタダ同然で乗れる時のみです。


⑧通勤定期券は元が取れる路線のみ購入

通勤定期券、当たり前のように購入していませんか。学生定期券と違い社会人の通勤定期券はある程度回数を乗らないと元を取れませんし、路線によって損益分岐日数が変わります。


私の通勤区間はJR+私鉄なのですが、6ヶ月定期の場合、JRは月12日乗車すれば元が取れるところ、私鉄は月18日乗車しないと元が取れない結果となりました。直行直帰で定期券を使わない日も多いため、JR区間のみ購入しています。


都内で私鉄を利用されている方は1ヶ月何日乗れば元がとれるのか、損益分岐日数を確認されてはいかがでしょうか。


⑨公共施設をフル活用


公共施設は私たちの税金でできているのでぜひ積極的に利用しましょう。


  • 図書館

  • 区民ジム・プール

  • 公園


最近の図書館は読みたい本をネット予約で最寄りの図書館に取り寄せられるのでとても便利です。

区民ジムやプールは1回200〜400円程度で使えるので高いジム代を払うくらいならプロテイン代に回した方が賢明ですね。

都内には大きめの公園も多数あり、四季を感じながらピクニックする休日は最高です。


何も高いお金を払わなくても身近なところに楽しさは転がっています。


⑩筋トレ、ランニング、自転車などお金のかからないスポーツを楽しむ

上記3点は夫婦の共通の趣味となっております。お金がかからない上、体を動かして健康も維持できて一石二鳥です。天気の良い日にランニングしたり川沿いを自転車で走ったりすると気分も爽快です。


服はGU・ユニクロ・ワークマンを愛用

中価格帯ブランドの服を買うくらいならGU・ユニクロ・ワークマンで十分です。どれも安いのに品質はしっかりしており、特にワークマンは低価格の割に機能性が高く一度買うと感動します。

今年の冬は3900円のアウターを新調しましたが、今まで数万円したコートと比較にならないくらい暖かいです。



⑫日用品はネット通販を駆使


日用品はAmazonとヨドバシ.comを比較して最安値で購入しています。


Amazonは定期おトク便がある場合は最大15%オフになるので必ずそちらで買うようにしています。即配達不可ですが、計画的に購入すれば問題ありません。私は定期おトク便は2,3ヶ月のペースで利用しており、毎回3点以上買うようにしています(3点以上で15%オフ)。


ヨドバシ.comも家電量販店とは思えないほど日用雑貨が低価格で充実していますね。購入金額の10%がポイント還元されるので、たいていの日用雑貨はドラッグストアで買うよりも安くなります。



⑬固定回線は引かずにWiMaxを利用

以前の住まいでは光回線を引いていたのですが契約途中で引越しが決まり、違約金が発生してしまいました。


今の家ではライフスタイルの変化に柔軟に対応できるWiMaxを契約しました。


  • 外出時も持ち運べる

  • 引越し後も継続して使える

  • 10GB/日もあれば十分(動画をあまり見ない)


容量制限があるのが唯一ネックですが、一日中大画面で動画を見続けない限りは大丈夫です。

WiMaxは各社から出ていますが、キャッシュバックの内容で決めると良いですね。

私はGMOとくとくBBで契約し、先日無事にキャッシュバックを受け取ることができました。この手のキャッシュバックはあえて複雑になっているので契約時によく確認する必要がありますが、うまく利用していきたいですね。


新電力(楽天でんき)を利用


引越し後すぐに切り替えたのが電力会社です。わが家は楽天でんきを利用中です。


  • 基本料金がかからない

  • 楽天ポイントがたまる、使える

  • 電力使用量(日別、月別)がネットで確認できる


支出のほとんどを楽天カードで支払っているので、毎月それ相当の楽天ポイントがたまります。ポイントのおかげで電気代の支払いがタダ同然になる月もあります。



社宅を利用

わが家は社宅に住んでおり、家賃は5万円です。東京23区のファミリー物件で家賃5万円は破格かと思います。また、うちの社宅は仲介手数料・敷金礼金・更新料などがなく引越し時の総費用もかなり抑えられました。勤務先から社宅が提供されている場合はぜひ検討しましょう。




セミリタイアのためなら大抵のことは我慢できる

私たち夫婦はもともと支出が少なく、支出予算を作る必要はないと思っていましたが、配当金生活に向けて支出コントロールを意識するようになりました。



コントロールと聞くと、買いたいものを我慢しないといけない、遊びにも行けないとネガティブなイメージを持つかもしれませんが、お金をかけなくても余暇は充実させられますし会社の労働から解放されるためだったら大抵のことは我慢できます。



私たちサラリーマンは自分の時間(余命)を削って労働し、対価として給料(お金)を得ています。何かお金を使う際は「これは果たして自分の余命と引き換えにしてまで手に入れたいのか」を自問自答すると無駄遣いも減るのではないでしょうか。



人生は有限です。一生労働者として生きるか、投資を通じて労働者を卒業するか、考えるきっかけになりましたら幸いです。




本日もお読みいただきありがとうございました。これからも定時で帰りましょう。



にほんブログ村 株ブログへ

ランキングに参加しています。
応援いただけると嬉しいです(*・ω・)ノ

Twitterでブログ更新のお知らせをしています。
よかったらフォローをお願いします★
定時ねこ(@teiji_cat)